修正する

会社帰り

強風に強くて倒れにくい丈夫な看板

立て看板は風が強いときなどに他のお店やその商品・備品に激突して、傷つけてしまうと言う可能性も少なからず存在しています。そうしたリスクを抑えるために、非常に風に強い構造で出来た立て看板が人気となっています。両端に足を支える部分が頑丈に取り付けられており、どこから強風が来ても耐えられるようになっています。少し重みはあるものの、人間が持ってもそれ程苦労しない程度の重さとなっており、運びやすさも考慮されています。大きさも色々な種類が出ているのでチェックしてみると良いのです。

数値をしっかり概算して購入

立て看板にはそれぞれサイズが設けられており、自分達で取り付けたいPOPや広告のサイズにピッタリ来るようなものを選ばなくてはなりません。つまり、購入する最初に気を付けるべきなのは板の大きさです。購入する時にはじっくりそうした数値情報が閲覧できるパンフレットが渡されたり、サイトでパソコンから確認出来たりします。そこでしっかりと数値を照らし合わせた上で、購入を決定します。ただ、立て看板を設置する会場のスペースによっては、入りきれなかったりインパクトがたりなかったりします。そこでもう一つ気にしておきたいのが、本体のサイズです。横幅と奥行きをしっかり計算しておいて、どのくらいの面積を占めるのか概算しておきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加